ゲーム情報!ゲームのはなし

カスタム検索
【移転のお知らせ】
「ゲーム情報!ゲームのはなし」をご訪問いただきありがとうございます!
管理人の remoon と申します。
この度、独自ドメインを取得しブログを移転しました。

【新たなブログURL】
http://gamestalk.net

ブックマークやRSS登録してくださっている方、
相互RSSを設定してくださっている各サイト管理者様、
お手数おかけしますが設定の変更をよろしくお願いします。

移転先では、これまで以上に精力的に更新し、
有益かつ面白い情報を、迅速に届けられるよう努力します。
ということで、引き続き応援してもらえると凄く嬉しいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ゲーム情報!ゲームのはなし 管理人 remoon(リムーン)
2014年 5月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
[ --/--/-- ] | スポンサー広告 | CM(-)

【Multi】“発見”を楽しんで!『ダークソウル2』発見が非常に困難で、しばらくは情報が出回らないレベルのものが随所に隠されている。序盤から最上位の強化アイテムを入手できる仕掛けも!

フロム・ソフトウェアより3月13日に発売されるPS3/Xbox360用アクションRPG『ダークソウル2』。海外でも数多くのメディアから高評価が連発している本作のディレクターを務めた谷村唯氏のインタビューが掲載されました。(続きへ…)
谷村ディレクターは前作『ダークソウル』でユーザーに喜ばれた部分を「達成感」と「プレイヤー同士の緩いつながり」であると分析。この2つについては絶対に外せないものとして、しっかり継承していると話しています。

一方で、本作において新しく追加あるいは変更したポイントについては「より自由に、より厳しく」したとコメント。“より自由に”ということについては、武器強化のシステムを変更し、武器の属性を付け直せたり、強化素材の縛りを緩くし強化できる武器の数を増やしたりしているとのこと。素材入手のために何度も同じ敵を倒さなければならないケースも緩和しており、色々な武器を試すことができるとしています。

また、探索においても、“魔法が効きにくい場所”や“HPが高くないと厳しい場所”などルートによって特色を持たせることで、その時のプレイスタイルや武器、育成方針によって有利なルートが変わってくるようにし、自分で攻略ルートを決めて進めるようにしたとのことです。実際、開発チーム内でも進むルートの順番はバラバラだったそうです。

そして“より厳しく”については、先述した“武器の属性を付け直せる”というのは、裏を返すと属性の選択に失敗すると厳しくなるということであると話し「プレイヤーが自己責任で試行錯誤し困難をくぐり抜けてほしい」というコンセプトなのだと説明。続けて、亡者から生者に戻るためのアイテム「人の像」について、入手できる数が限られているため、うまく管理しなければ厳しくなっていくことや、亡者の状態で死亡すると最大HPが減少していくという要素にも触れ、これらの状況が合わさって最悪ゲームを進めることが非常に困難…いわゆる“詰み”の状況に陥る可能性にも言及。これについては開発チーム内でも救済手段を設けるべきという議論も行われたそうですが、それを直接的にやってしまうと「達成する意義」がなくなるという理由から用意しなかったとのこと。しかし、回避する策(最大HPの減少を抑える指輪など)は復数用意しているので、それを使って乗り切ってほしいと述べています。

谷村ディレクターは、プレイヤーに「発見すること」を楽しんでほしいそうで、次のように話しています。
4Gamer:
 谷村さんは,これからDARK SOULS IIをプレイする人達に,どこをとくに楽しんでほしいと考えていますか?

谷村氏:
 いろいろとありますが,今作では自由度を高めているので,「発見すること」を楽しんでほしいですね。本作では,発見を意識したさまざまな仕掛けが用意してあり,中には「こんなの分かるか!」と思えるようなものもあったりします。

4Gamer:
 分からないような仕掛けをあえて入れているんですか?

谷村氏:
 ええ。これは決して意地悪で入れているわけではなく,「情報交換もゲームプレイの1つのプロセスや楽しみである」という考えに基づくものです。
 このゲームは,地面に書くメッセージを使ってプレイヤー同士が情報交換できますし,何より最近は,ゲームの攻略情報を掲示板やWikiを介してやり取りするのが,プレイスタイルとして定着していますよね。そうした状況下では,ちょっとやそっとじゃ分からない仕掛けを用意しておくのも,面白さの1つになると思うんです。

4Gamer:
 攻略サイトを見ても分からないような発見というわけですか。ここでも人によって,あれを見つけた,これを見つけたといったプレイの違いが生まれそうですね。

谷村氏:
 私が子どもの頃は,ゲームセンターで「ドルアーガの塔」の攻略情報をやり取りをしたものですが,それをもっと大規模にしたようなイメージなんですよ。プレイヤー同士の交流のきっかけとなるよう,あえて「これは分からないんじゃないか」という部分を作っています。もちろん,誰でも簡単に分かるものもありますが,当分は誰にも見つからず,情報が出回らないものも,いろいろな場所に配置しているので,探してみると面白いと思いますよ。中には,序盤から最上位の強化アイテム「楔石の原盤」が手に入る仕掛けもあります。

4Gamer:
 最上位というと,序盤に入手しても利用できないのでは?

谷村氏:
 その時点ではあまり意味がありません。でも,「何だ,これは?」と思っていたものが,後で貴重なアイテムだと分かるのも楽しいと思うんです。
 一般的なゲームは,最初は弱い雑魚を相手に戦って,レベルが上がるごとに敵も強くなって,それに比例してダンジョンの難度も上がっていく……という流れで進んでいきますよね。

4Gamer:
 ええ。

谷村氏:
 しかし本作は,呪われた主人公が,何だか分からない世界に連れて行かれ,そこで呪いを解けと言われるという,過酷な旅を描いたゲームです。それなのに,懇切丁寧に段階を踏むようなゲーム進行を提示してしまっては,過酷でも何でもなくなってしまいます。
 過酷な旅を体験してもらうには,誤解を恐れずに言えば,プレイヤーを突き放す必要があるんです。そして突き放されたプレイヤーに,自分自身で活路を見出してほしい。そのぶん,難しい仕掛けを発見して解くことができれば,苦労に見合った報酬……それこそ,序盤からいきなり貴重なアイテムを発見できたりがありますので,いろいろと探し回ってみると楽しいと思います。

◆関連リンク
 ・4Gamer

DARK SOULSII(通常版) 特典 特製マップ&オリジナルサウンドトラック 付DARK SOULSII(通常版) 特典 特製マップ&オリジナルサウンドトラック 付
PlayStation 3

フロム・ソフトウェア 2014-03-13
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
DARK SOULSII(通常版) 特典 特製マップ&オリジナルサウンドトラック 付DARK SOULSII(通常版) 特典 特製マップ&オリジナルサウンドトラック 付
Xbox 360

フロム・ソフトウェア 2014-03-13
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る

 
[ 2014/03/12 ] | Multi | CM(-)

ツイッター
おすすめ
FireShot Pro Screen Capture #044 - 'Amazon_co_jp: 俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付_ ゲーム' - www_amazon_co_jp_o_asin_B00JOYEY64_amarare-22

『俺屍2』初回限定版はこちら







逆アクセスランキング (感謝御礼)
人気ページ ランキング/RSS
アーカイブ
---- Since 2007.5.31 ----
検索フォーム
フリーエリア

ブログパーツ
track feed
▽ 当サイトの掲載内容について
当サイトは、各ゲーム情報の提供を目的に個人で運営しているものです。サイト記載の関連会社とは一切の関係はなく、商品名、会社名などは各社の登録商標です。

▽ 著作権所有者各位
当サイトには著作権所有者様の著作権を侵害したり、経営に損害を与えたりする意図はありません。よって、著作権所有者様より掲載内容の訂正、削除に関して求められた場合は速やかに従うことをお約束致します。

Mail:game2talk◎gmail.com
(◎は@にご変更お願いします。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。