ゲーム情報!ゲームのはなし

カスタム検索
【移転のお知らせ】
「ゲーム情報!ゲームのはなし」をご訪問いただきありがとうございます!
管理人の remoon と申します。
この度、独自ドメインを取得しブログを移転しました。

【新たなブログURL】
http://gamestalk.net

ブックマークやRSS登録してくださっている方、
相互RSSを設定してくださっている各サイト管理者様、
お手数おかけしますが設定の変更をよろしくお願いします。

移転先では、これまで以上に精力的に更新し、
有益かつ面白い情報を、迅速に届けられるよう努力します。
ということで、引き続き応援してもらえると凄く嬉しいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ゲーム情報!ゲームのはなし 管理人 remoon(リムーン)
2014年 5月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
[ --/--/-- ] | スポンサー広告 | CM(-)

【MGSV】小島監督「PS4版は1080p/60fpsで余裕をもって動く。PS4版の映像が一番美しく、目指しているイメージに最も近い」

コナミより発売が予定されているPS4/PS3/XboxOne/Xbox360用ソフト『メタルギアソリッド5』(『メタルギアソリッド5 ファントムペイン』は発売日未定/『メタルギアソリッド5 グラウンド・ゼロズ』は3月20日発売予定)関する小島監督のインタビュー記事が公開されました。(続きへ…)
  • 『グラウンド・ゼロズ』は、ハリウッド映画で例えると、映画が始まってから題名がバーンと出る前までの15分ぐらいの“つかみ”に当たる作品。本編の『ファントムペイン』発売にはもうしばらく時間がかかるので、次世代機のいいところを見てもらうために先行リリースを決めた。

  • 本編『ファントムペイン』は『グラウンド・ゼロズ』のマップの200倍の広さを持つオープンワールド。『グラウンド・ゼロズ』は比較的小さな基地を舞台にしており、『ファントムペイン』のチュートリアルでもある。

  • 『MGSV』はマップ内のあらゆる場所へ自由に行けるがミッションは明確に存在している。マップを見て、どういうルートと装備で行くか戦略を立て、目的地に侵入し脱出するところまでがミッション。故に従来のオープンワールドとは少しニュアンスが異なり、それよりも“リアルな潜入シミュレーター”と言った方が近い。

  • ひとつのミッションでも色々なルート、切り口があるため、1回プレイしたら終わりではなく、何度でも楽しめる。

  • PS4の十分なメモリのおかげで、プレイヤーがアクションをしている裏でマップをロードできるようになり、遠くに見えている山にも馬で進んでいけばいずれ辿り着くといったことが可能になった。この世界で、いかに“かくれんぼ”を面白くするかが今回のチャレンジ。

  • 『ピースウォーカー』でスネークが軍隊を作ったことで色々なことが起こるが、それは『グラウンド・ゼロズ』で明らかになる。そして、その事件を経てスネークが復讐するために行動するのが本編『ファントムペイン』。ネイキッド・スネークがビッグボスにいかにしてなったのか、その部分を補完する物語。

  • 『ピースウォーカー』におけるマザーベースの運営・拡張の要素をパワーアップしたものが『MGSV』にも登場。『ピースウォーカー』の実験結果を踏まえ、様々な要素を本格的に提供するのが『MGSV』。

  • PS4/PS3限定『デジャヴ・ミッション』は、SCEプラットフォームとそのユーザーに感謝を込めて創った。再度『メタルギアソリッド』をプレイしたり、攻略本を見たり、当時のゲーム記事を読んだりするとより楽しめる。ミッションクリアーすると良いご褒美がもらえる。

  • 『MGSV』のスネークは「iDROID」という端末を持っており、これでマップを見たり、収集した音楽やテープを聴いたりできる。他にも多数の機能があるが、この端末の情報をユーザーが持つタブレットやスマホといったセカンドデバイスに表示できる。ゲーム画面にそのまま表示することもできるが、今作よりマップ表示中も時間は止まらないため、セカンドデバイスを使うことで、より快適なプレイが可能。

  • ゲームを起動しなくてもセカンドデバイスで音楽を聴いたり、テキストを読んだり、世界ランキングを閲覧したりといったことが可能。また、セカンドデバイスだけの楽しみも用意する。

  • 本作はリニア(一本道)なゲームではないため、100人がプレイすれば100通りのゲームプレイが生まれるので、PS4のSHARE機能を使って生配信や録画した動画を共有してもらいたい。

  • 『グラウンド・ゼロズ』は音の情報量が凄い。BGM、環境音、敵の足音、自分が動く音、カズの無線、敵の無線での会話などなど。さらにiDROIDも喋る(新幹線のアナウンスなどで知られるドナ・バークさんが担当)が、この音はDUALSHOCK4の内蔵スピーカーから鳴らすように設定可能。これにより実際に手元にiDROIDを持っているような感じになる。

  • PS Vitaのリモートプレイはちょっと驚く。PS4の画面がVitaのスクリーンにキュッと締まって映しだされるので、より綺麗に見える。綺麗すぎてはめ込み画像のように感じるかもしれない。

  • 『MGSV』では“フォトリアルな絵を創る”と決めた。TVモニターから2,3歩引いてみると写真のように見える、というコンセプト。裸眼ではなくカメラのレンズを通して見た臨場感のようなものを追求している。特にライティングに凝っており、専門家に相談しながら創っている。ライティングはリアルタイムで計算している。

  • PS4は国内においては現存する家庭用プラットフォームの中で一番優秀なマシンだと思う。解像度1080pで60フレームも余裕をもって実現できているし、ちょっと他のハードにはないこもとやっているので、PS4版の映像は一番美しいものになっている。目指しているフォトリアルのイメージに最も近い。

  • カットシーンは、全てひとつのカメラを通して描かれる、いわゆるワンカメの演出を取り入れている。これは、ゲームプレイもデモも“ひとつの世界”として表現するため。
    「自分の目線から、カメラが100メートル向こうに行ってしまうなんてことはありません。ボス敵が出てきたときに、カメラがボスに寄ってその表情を映すということもありません。つねに自分のまわりにカメラがあり、自分の視点で世界が描かれる。言葉で言うのは簡単ですが、創るのは難しいんですよね。たとえば、誰かを救出するシーンがあるとして、ふつうなら彼(救助対象)を助け出し、安全な場所に降ろすとデモに入るんです。映画的なカット割りがあって、自動的にヘリに乗せたり、降ろしたりする。でも、『メタルギア ソリッド V』の場合、プレイヤーが彼をどの場所で降ろすかわからないんですよ。どこで降ろしてもデモが発動するよう、苦労して作りました。とはいえ、プレイしている方に、その辺りの調整を意識させることはありませんので、ゲームはよりスムーズに進むと思います。」

◆関連リンク
 ・ファミ通
 
[ 2014/02/14 ] | Multi | CM(-)

ツイッター
おすすめ
FireShot Pro Screen Capture #044 - 'Amazon_co_jp: 俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付_ ゲーム' - www_amazon_co_jp_o_asin_B00JOYEY64_amarare-22

『俺屍2』初回限定版はこちら







逆アクセスランキング (感謝御礼)
人気ページ ランキング/RSS
アーカイブ
---- Since 2007.5.31 ----
検索フォーム
フリーエリア

ブログパーツ
track feed
▽ 当サイトの掲載内容について
当サイトは、各ゲーム情報の提供を目的に個人で運営しているものです。サイト記載の関連会社とは一切の関係はなく、商品名、会社名などは各社の登録商標です。

▽ 著作権所有者各位
当サイトには著作権所有者様の著作権を侵害したり、経営に損害を与えたりする意図はありません。よって、著作権所有者様より掲載内容の訂正、削除に関して求められた場合は速やかに従うことをお約束致します。

Mail:game2talk◎gmail.com
(◎は@にご変更お願いします。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。