ゲーム情報!ゲームのはなし

カスタム検索
【移転のお知らせ】
「ゲーム情報!ゲームのはなし」をご訪問いただきありがとうございます!
管理人の remoon と申します。
この度、独自ドメインを取得しブログを移転しました。

【新たなブログURL】
http://gamestalk.net

ブックマークやRSS登録してくださっている方、
相互RSSを設定してくださっている各サイト管理者様、
お手数おかけしますが設定の変更をよろしくお願いします。

移転先では、これまで以上に精力的に更新し、
有益かつ面白い情報を、迅速に届けられるよう努力します。
ということで、引き続き応援してもらえると凄く嬉しいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ゲーム情報!ゲームのはなし 管理人 remoon(リムーン)
2014年 5月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
[ --/--/-- ] | スポンサー広告 | CM(-)

【Vita】『俺の屍を越えてゆけ2』公式サイトにて第弐報が公開-一族を惨殺し呪いをかけた“安倍晴明”と救った女神“夜烏子”の詳細やシステム情報が公開


SCEは2014年夏に発売を予定しているPS Vita用ソフト『俺の屍を越えてゆけ2』の公式サイトを更新し、新たな情報を多数公開しました。(続きへ…)
黒幕の名は安倍晴明

平安中期。天変地異で荒れ果てる京の都。
その混乱の中、惨殺された主人公一族。
一族を惨殺へ追い込んだ者は、帝の信任が厚い、当代一の陰陽士“阿部晴明”。

晴明は、御所の警備を担っていた主人公一族に責任を負わせ、一族惨殺へと追い込んだ。
さらに、死した一族のされこうべに『短命の呪い』と『種絶の呪い』をかけたのもまた、晴明。
その目的は一切謎に包まれている。
蘇った一族は、一族惨殺に対する復讐と、呪いからの解放のため、晴明に立ち向かう。

一族を蘇らせた女神“夜烏子”

無残にも河原に並べられた一族のされこうべ。
そこへ現れた天界の使い“黄川人”。
黄川人が連れてきたのは“夜鳥子”という女神であった。

黄川人の傍らに横たわる、拘束された夜鳥子は、
「反魂の儀」を行い、自らの命と引き換えに一族を復活させる。

夜鳥子から命を与えられた一族は、晴明を討つ力を蓄えるため、全国へ散っていった。


“安倍晴明”と対峙する一族

宿敵“安倍晴明”に立ち向かう一族。
晴明の両脇には双頭の大蛇が現れているが、晴明が使役した式神なのだろうか。
一族以外に“夜烏子”の姿が見受けられる。
その腕は蟹のはさみを思わせる形状に変化している。

登場人物


  • 「安倍晴明(声:平川大輔)」
    帝の信任厚い、当代一の陰陽士。
    一族の惨殺を謀った上に、『二つの呪い』をかけた張本人。
    どんなにひどい怪我をしても瞬時に治り、何度死んでも生き返る不死身の力を持つ。

    なぜ一族を惨殺へと追いやったのか。
    そして、一族のされこうべにまで「短命の呪い」「種絶の呪い」をかけたのか。
    晴明の思惑は謎。不死身である彼を倒す方法はあるのだろうか。/li>
  • 「鬼頭(声:中尾隆聖)」
    腹話術師の人形のようにおどけた口調で喋る鬼頭。
    クールな晴明の態度に反した鬼頭のクレイジーな口調は、晴明のもうひとつの人格か?



  • 「夜烏子(声:林原めぐみ)」
    天界に封じられた、記憶を失っている女神。
    一族を復活させ、共に行動をするミステリアスな女性。
    “黄川人”が天界より連れてきた神様。
    自らの命を使って死者を蘇らせる「反魂の儀」を行い、一族を復活させた命の恩人。
    死んだはずの夜烏子だが、後に転生し、一族の一員となる。
    夜烏子は一族の一員として転生してくるため、一族同様二つの呪いにかかっている。
    転生を繰り返し何度でも蘇ることが出来る。
    夜烏子は陰陽士であり、式神を召喚することができる。一族の出撃隊に参加し共に戦うことも可能。

職業紹介


  • 槍使い
    リーチに優れた攻撃を得意とし、威力も高く強固な防具も装備できるためバランスがよい。
    身軽でありながら攻撃力も高いため強い戦力になり得る職業。


  • 踊り屋
    術を得意とする職業。
    威力は低いが、広範囲に攻撃可能な扇を装備できる。
    また、身のこなしが軽く、敵の攻撃を回避しやすい。
    戦略に応じては要になる。

迷宮・戦闘

  • 「迷宮」は一族が拠点としている地域にいくつか存在する。
  • 一族は迷宮内を探索し鬼を討伐することで力を蓄える。
  • 戦闘では「戦勝点」(経験値)と「奉納点」、また装備や道具などの戦利品を得る。
  • 迷宮はプレイヤーによって、種類・内部構造・出現する鬼なども異なる。
  • 物語が進むことで出現する特殊な迷宮も存在する。


■迷宮「百鬼祭り」
見た目が派手な「百鬼祭り」と呼ばれる迷宮の奥には、奪われた祭具が眠っている。
ちょうちんやぼんぼりなどが連なり、賑やかな様子の迷宮に鬼が救う様は、訪れる者に奇妙な印象を与える。

■シンボルエンカウント
迷宮内を動き回る敵シンボルに接触すると戦闘に突入。
敵に背後から接触すれば有利に、敵に背後を取られると不利になる。

■火時計
討伐中は画面右下に表示されている「火時計」の火が時間経過と共に消えていく。
火が全て消えるとゲーム内で一ヶ月が経過したこととなり、屋敷へ戻るか、
さらにもう一ヶ月探索を続けるかを選択する。
火時計には、近くの敵や宝箱を表示する機能も備わっている。

■戦利品スロット
戦闘開始時には「戦利品スロット」が出現。
このスロットで揃った目によって戦闘で得られる戦利品が決定する。
未入手の戦利品は黄色い文字で表示される。
スロットで同じ目が三つ揃うと、獲得できる戦勝点の倍率が上がる。

<熱狂の赤い火>
火時計には通常青い火が灯っているが、「熱狂の赤い火」が灯っている場合がある。
この状態で戦闘になると、戦利品スロットが派手になり、希少な戦利品が入手しやすくなる。
さらに、戦利品スロットの上部にルーレットが追加され、当たると「熱狂の赤い火」が
火時計にひとつ追加される。

■敵の大将の存在
鬼は敵の大将が率いた群れで襲い掛かってくる。
戦闘に勝利するには、敵の全滅もしくは大将だけを倒せばよいが、
戦勝点と奉納点は敵を倒した分だけ得られるので、大将だけを倒した場合には獲得点は少なくなる。
一方、敵を全滅しようと戦っている間に大将が逃げてしまうことがあり、
この時には大将は全ての戦利品も一緒に持ち去ってしまう。

■鬼神との戦闘
迷宮を進んでいくと「鬼神」と呼ばれるボスキャラが出現。
通常の戦闘とは異なり、一族の後方からの視点で迫力のある戦闘が展開される。






■進言
戦闘時、一族の出撃隊長はコマンドを入力し戦うが、
出撃隊長以外は個性に応じた三通りの行動を「進言」してくる。
進言を採用するかどうかはプレイヤーの自由。

■迷宮探索から戦闘まで「コーちん」がいつだってサポート
コーちんは屋敷内だけでなく、迷宮探索や戦闘においてもプレイヤーをサポート。
迷宮内では、イタチに姿を変え一族と共に行動し、一族の体力や健康状態、周辺の敵の強さなどに応じた
アドバイスをくれる。戦闘時には、攻撃や術など直接的なサポートをしてくれる。
時に攻撃しようとして転んでしまったりドジな一面も垣間見せる。

交神と遺伝

  • 呪われた主人公一族は、「交神の儀」を執り行い、神々と交わることでのみ血を残すことができる。

  • 「交神の儀」は、戦闘で得た奉納点を神様に捧げることで行う。

  • 神様によって必要な奉納点は異なり、能力が高い神様ほど多くの奉納点が必要。

  • 同じ神様と交神を重ねると、神様の能力が上がり、交神時の台詞も親密なものになっていく。

■遺伝要素は「能力」と「容姿」
  • 交神で受け継がれる能力は属性ごとに分かれており、各属性の棒グラフが長いほど素質が高いことを示す。
  • 両親の顔の特徴や体型などの容姿も受け継がれていく。交神相手の神様に顔の模様や角といった特徴がある場合には、その子孫にも同様の特徴が出現することも稀にある。

神様紹介


  • 「紅傘お誘」
    「うふふ、私が誰だかわかってる?」


  • 「坂上ノ菊理媛」
    「初めてがあなたでよかったわ」


  • 「八尋鰐彦」
    「血の匂いがするが女か」


  • 「若竹コサン」
    「掘り出し物とは、ボクのことです」


◆関連リンク
 ・俺の屍を越えてゆけ2
 
[ 2014/02/13 ] | PSP/PSV | CM(-)

ツイッター
おすすめ
FireShot Pro Screen Capture #044 - 'Amazon_co_jp: 俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付_ ゲーム' - www_amazon_co_jp_o_asin_B00JOYEY64_amarare-22

『俺屍2』初回限定版はこちら







逆アクセスランキング (感謝御礼)
人気ページ ランキング/RSS
アーカイブ
---- Since 2007.5.31 ----
検索フォーム
フリーエリア

ブログパーツ
track feed
▽ 当サイトの掲載内容について
当サイトは、各ゲーム情報の提供を目的に個人で運営しているものです。サイト記載の関連会社とは一切の関係はなく、商品名、会社名などは各社の登録商標です。

▽ 著作権所有者各位
当サイトには著作権所有者様の著作権を侵害したり、経営に損害を与えたりする意図はありません。よって、著作権所有者様より掲載内容の訂正、削除に関して求められた場合は速やかに従うことをお約束致します。

Mail:game2talk◎gmail.com
(◎は@にご変更お願いします。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。