ゲーム情報!ゲームのはなし

カスタム検索

スクエニ安藤武博氏「今年やることはソーシャルゲームを無くすこと。同じようなゲームばかりでなく新たな挑戦を」

スクウェア・エニックスのプロデューサー安藤武博氏が、自身が所属する同社特モバイル二部のやりたいこととして「ソーシャルゲームを無くてしまうこと」とコメントしました。(詳細は続きへ…)


安藤武博氏は、爆弾解体ゲーム『鈴木爆発』や人生を格闘するゲーム『ヘビーメタルサンダー』など、個性的なタイトルで知られるゲームクリエイター。自身の作品として初めて商業的な成功を収めたiPod用ゲーム『ソングサマナー』以降は、主にスマートフォン向けゲームのプロデュースを担当している人物です。

同氏によると、Facebook向けアプリ『Knights of the Crystals』を皮切りに、GREEのオープンプラットフォーム化に伴って、前述作品をケータイ向けにアレンジした『ナイツオブクリスタル』のリリースからソーシャルゲームを作っており、日本のソーシャルゲームの歴史と同じくらいの期間、当事者として関わっているとのこと。そんな安藤氏が「これからは“そういうの”は終わり。なぜならば、あまりにも似たようなゲームが相変わらずリリースされ続けているから」と現状に問題提起しました。

同氏は「ゲームの面白さを磨くよりも、いかにしてお客様からお金をいただくかという、いわば“集金の仕組み”を磨くことに重きが置かれることがよくあった」とし、ゲームプレイをいかにお金に変えていくかは面白さを支えるために重要ではあるものの、そればかりだとゲーム自体を愛するユーザーから疎まれてしまうのは当然とし、そういった内容のソーシャルゲームが氾濫した結果、ソーシャルゲームという言葉の本来の意味合いが「カードとガチャで搾取する、似たような内容のゲームたち」へと変化し、忌み嫌われていることに危機感を持っていると話します。

実際、ソーシャルゲームはひとつのゲームプラットフォームとして市場が成立したにも関わらず、従来ゲームファンからは敬遠される存在になっており、それを支えるのは“そういうもの”を好む新しいゲームファンたち。安藤氏は、その新しいゲームファンたち向けに現在の路線を貫けばいいと感じてしまうという正直な気持ちも吐露しつつ、その考えを「断じてそんなことはあり得ない」と強く否定しています。なぜなら「ゲームのようなエンターテインメントの世界で、同じようなものだけが中長期に渡ってお客様に愛され続けることは、まず無い」から。そして氏は「カード+ガチャの遊びはいちジャンルとして良い物は発展して残す」一方で、「新しい面白さにたくさん挑戦していくというのが、今年の我々がやること」と意思表明。その意志のもと作られていくのはソーシャル性の有無に左右されない「スマホで動くとにかく面白いゲーム」です。今後はケータイとゲーム機の垣根も取り払われていくので、その積み重ねが続けば、もはや「ソーシャルゲーム」という呼称は無くなるだろうと氏は語ります。いわく「最近のゲームで最も優れたソーシャル性を持つ『とびだせ どうぶつの森』をソーシャルゲームと呼ぶ人はいない。ゆえに、面白ければソーシャルゲームもゲームでいいと思うし、新しい素敵な呼び方が出来てもいい」とのこと。

氏は、ゲームセンターという言葉と施設へのイメージが薄暗い不良の溜まり場として社会悪になった時代、業界が一丸となってオープンなアミューズメント施設を標榜し、見事悪いイメージを払拭したという事例を挙げつつ、現在のソーシャルゲームやスマートフォンゲームにまとわりつく負のイメージを取り払うためにも、似たり寄ったりのソーシャルゲームを作っている企業に対して「ぜひ新しいチャレンジをして欲しい」と訴えかけています。

◆関連リンク
 ・ファミ通APP
[ 2013/03/07 ] | その他 | CM(6)
言っている事とやっている事がなんか違くない?
[ 2013/03/07 19:58 ] [ 編集 ]
ソーシャルかリメイクしかないじゃん。
[ 2013/03/07 21:00 ] [ 編集 ]
え?何言ってるのこの人…
つまり…今までにない面白いソーシャルゲームを作っていきますって事?
[ 2013/03/07 21:32 ] [ 編集 ]
メキシコとインドに新たなモバイルコンテンツ
の開発スタジオを設立するくせにー
[ 2013/03/07 23:59 ] [ 編集 ]
読解力ない奴が多いなおい……
[ 2013/03/08 01:25 ] [ 編集 ]
聞いてるか バ ン ナ ム。マジでソシャゲは要らねぇ!くっそつまんねえんだよ!あれはゲームじゃないからな。海外見てみろよ。ゲーム作ってるぜ
[ 2013/03/08 08:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
▽ コメントに関する注意事項。必ずお読みください。

  • 各種ハードや、そのハード所有者を中傷(蔑称含む)するようなコメントは禁止しています。また、記事とは直接関係のないコメントもお控えください。
  • 上記に該当するものや、他人を見下したり侮辱や嘲笑するもの、煽り目的と思われるもの、「いらない」「クソゲー」など意味のない短い捨て台詞、およびこれらコメントに対するレス(削除後に見た方の混乱を避けるため)などをはじめ、問題があると管理人が判断したコメントは発見しだい削除します。予めご了承の上でコメントをお願いします。
  • 利用者同士による議論・討論を規制するつもりはありませんが、相手を貶めるような言葉を含む場合は削除の対象とします。感情的にならず冷静なやり取りをして頂くよう、心よりお願い申し上げます。
  • 全コメントを逐一チェックするのは難しいので、”煽り文句”の類には決してレスをせずに無視するように、ご協力をお願い致します。また、悪意のない個人的な感想(その判断が難しいのですが…)でも人によっては不愉快に感じられてしまうなどの問題もあるかと思いますが、どうぞ寛大な心で見てください。
  • 不謹慎な発言を含むものや罵詈雑言を並び立てるなどといった、目に余る程の酷いコメントを見つけた場合には、お手数ですが game2talk@gmail.com(@は半角に)までご連絡を頂ければ、確認した上で対処致します。
  • 管理人がコメントする場合には、名前「remoon(管理人)」、ID「ZhlWtTx.」で投稿します。












管理者にだけ表示を許可する

Twitter
おすすめ
FireShot Pro Screen Capture #044 - 'Amazon_co_jp: 俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付_ ゲーム' - www_amazon_co_jp_o_asin_B00JOYEY64_amarare-22

『俺屍2』初回限定版はこちら







逆アクセスランキング (感謝御礼)
人気ページ ランキング/RSS
アーカイブ
---- Since 2007.5.31 ----
検索フォーム
フリーエリア

ブログパーツ
track feed
▽ 当サイトの掲載内容について
当サイトは、各ゲーム情報の提供を目的に個人で運営しているものです。サイト記載の関連会社とは一切の関係はなく、商品名、会社名などは各社の登録商標です。

▽ 著作権所有者各位
当サイトには著作権所有者様の著作権を侵害したり、経営に損害を与えたりする意図はありません。よって、著作権所有者様より掲載内容の訂正、削除に関して求められた場合は速やかに従うことをお約束致します。

Mail:game2talk◎gmail.com
(◎は@にご変更お願いします。)