ゲーム情報!ゲームのはなし

カスタム検索
【移転のお知らせ】
「ゲーム情報!ゲームのはなし」をご訪問いただきありがとうございます!
管理人の remoon と申します。
この度、独自ドメインを取得しブログを移転しました。

【新たなブログURL】
http://gamestalk.net

ブックマークやRSS登録してくださっている方、
相互RSSを設定してくださっている各サイト管理者様、
お手数おかけしますが設定の変更をよろしくお願いします。

移転先では、これまで以上に精力的に更新し、
有益かつ面白い情報を、迅速に届けられるよう努力します。
ということで、引き続き応援してもらえると凄く嬉しいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ゲーム情報!ゲームのはなし 管理人 remoon(リムーン)
2014年 5月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
[ --/--/-- ] | スポンサー広告 | CM(-)

【PSV】PS Vita版『天使憑きの少女』12月20日発売。ダウンロード専売で、価格は1,800円


有限会社だいだいは、PS Vita用ソフト『天使憑きの少女』を12月20日に発売すると発表しました。ダウンロード専用ソフトで、価格は1,800円。無料体験版も同日に配信されます。

本作はWindows用ソフト『天使憑きの少女 ~ Related with "Present for you" ~』をPS Vita向けに移植した作品。「奇跡」を願った少女たちの数奇な運命を描いたアドベンチャーゲームで、天使の物語が4つの章に分かれ、所々で登場する選択肢によって物語の展開が変化していきます。なお、PS Vitaへの移植にあたり次のような工夫が施されています。(続きへ…)
・工夫その1
 イベントCGの上下カットなどという野暮なことはしません。PlayStation®Vita のスクリーン(タッチスクリーン)をドラッグすることにより、画像全体を鑑賞することができます。

・工夫その2
 画像はもちろん PlayStation®Vita のために最適化しています。960x544 ピクセルの美麗画像をご堪能ください。

・工夫その3
 セーブ、ロード画面ではスクリーンショットを精細画像で確認できます。これも PlayStation®Vita の高解像度画面だからこそできた技です。

・工夫その4
 ダウンロード販売専用とすることで、ユーザーの皆様にお求めやすい価格でご提供いたします。

=== 作品紹介 ===

少女が願ったのは、天使の呪いか 悪魔の奇跡か――
 四章から成る運命選択アドベンチャーがPlayStation®Vita に登場!


~ 第一章 ~
浦上真理愛(うらがみ・まりあ)はミッションスクール『聖母マリア光ヶ丘学院』に通う学生である。幼い頃に両親が離婚し、現在は母親と共に慎ましくも平凡な毎日を送っていたが、母親が良性腫瘍を取り除くための手術を受けた際、病院側の医療ミスで死亡してしまう。多額の賠償金が支払われたものの、そのほとんどは疎遠な親族たちのものとなり、彼女にはお情け程度の金とただ一つの思いだけが残った。

『お母さんの無念を晴らすため、手術を執り行った医師を殺したい』

 日に日に彼女はその思いを強めていったが、世間の常識から考えればたかが女子学生にそんなことができるわけなかった。彼女自身もそれを理解していたが、ある日、彼女は導かれるようにして学院の保健室の扉を開き、養護教諭にその思いを打ち明けた。養護教諭、秋山美帆(あきやま・みほ)は真理愛を咎めることなく、ただ怪しげに笑って彼女に与えた。不気味に黒光りする、拳銃を――。

・浦上真理愛(うらがみ・まりあ)(女性)<Cv.北都南>

 第一章の主人公。最愛の母を医療ミスで亡くしている。性格は真面目で成績優秀、その容姿も学内で一、二を争うほどの美しさであるが、普段は物静かでほとんど人と接しない。だが、その『クールさ』が下級生の女子にはたまらないらしく、いつも彼女たちから熱い視線を受けている(本人は相当迷惑がっているようだが)。

・秋山美帆(あきやま・みほ)(女性)<Cv.紫苑みやび>

聖母マリア光ヶ丘学院に勤める養護教諭。優れた医療技術はさることながら、カウンセラーとしての能力も一流で、どんな相談にも的確に答えて相談者に安らぎを与える。ちなみにスタイルも抜群で女性美に溢れているが、学院が女子校であるため、あまり脚光を浴びていないようだ。

~ 第二章 ~
7年前の交通事故――。その悲惨さはメディアで大いに取り上げられつつも、時が経つにつれて人々の記憶から徐々に消えていった。
 そして、現在。その事故で死亡した江藤睦美(えとう・むつみ)は、今になっても浮遊霊として現世で自由気ままに暮らしていた。彼女が気に掛けるのは、幼なじみの日高健助(ひだか・けんすけ)。彼はあの事故で重傷を負いながらも一命を取り留め、今ではごく普通の学生として城心学園に通っていた。睦美にとって、健助が平凡でありながらも元気に生きている姿を見るのが日々の楽しみだった。
 そんな折り、健助が下級生の少女から告白される。彼女の名は橋本紗雪(はしもと・さゆき)。
控え目で自己主張の苦手な性格であっても、彼女は健助に対して精一杯の告白をするが、彼はあっさりと振ってしまう。その姿に睦美は満足する一方で、どこか微妙な気持ちも抱く。
 そしてそれと時を同じくして、睦美の元に『天使』と名乗る者が現れる。

『あなたをお迎えに上がりました。タイムリミットが迫っていますので、天国にご案内いたします』

 その者が言うことには、死後7年が経過した魂は現世に留まることができないらしい。睦美は最初は反抗しつつも、熱心に説得されて昇天することを決意するが、その前にどうしてもやっておきたいことがあった。それは――『健助に彼女を作ってあげよう!』

・江藤睦美(えとう・むつみ)(女性)<Cv.野神奈々>

 7年前の交通事故で犠牲になり、現在は浮遊霊として気ままに暮らしてる。性格は明るく活動的で、何事にもくよくよしない(だから浮遊霊という立場もすぐに受け入れ、今では楽しささえ覚えている)。生前もかなりわがままで目立ちたがり屋だったが、それがリーダーシップと正義感にも繋がり、誰からも慕われていたそうだ(本人談)。

・日高健助(ひだか・けんすけ)(男性)<Cv.畠山亮二>

 睦美の幼なじみで、城心学園に通う2年生。7年前の交通事故で重傷を負ったが、今では平凡に暮らしていて、その事故のことを口にすることはほとんどない。バスケ部に所属していてそこそこの実力があり、しかもルックスも悪くないため、学園の女子から人気がある。しかし、彼はそれを避けるかのように女子には近付かず、交遊があるのは男友達だけである。

・橋本紗雪(はしもと・さゆき)(女性)<Cv.大波こなみ>

 城心学園に通う学生。控え目かつ消極的で、クラスの中でもほとんど目立つことがない。しかし基本的に性格は真面目で、勉強もそこそこできるようだ。

・自らを『天使』と名乗る者

 光をまとって現れる。その姿は普通の人間には見えず、睦美だけが視認しているようだ。

~ 第三章 ~

 城心学園の文化祭が終わり、学内に日常が戻ってきた頃。主人公の緒方輝明は、学生会長である相葉絵里香から次期会長の人選について相談を受けた。現段階で立候補を表明している者の中では絵里香のお眼鏡にかなう者はおらず、これからの学生会の運営に不安を抱いていたが、輝明も全く心当たりがない。すっかり困り果てたところに、友人の日高健助から一人の女子を紹介される。それは――。

・緒方輝明(おがた・てるあき)(男性)

 第三章の主人公。学生会の執行委員を務めていて、相葉絵里香の下で仕事に励んでいる。…と言うと聞こえが良いが、実際には下働きのようなもので、絵里香の命令に渋々従っている。そもそも執行委員になったのも頭数を揃えるために担任教師から頼まれたゆえであって、特に崇高な目的があったからではないが、それでも元々乗りやすい性格であるため今では自分の仕事をそれなりにこなしている。ちなみに就任当初は、学園内でも話題の美少女である絵里香に近付けることに『もしかしてラッキーかも!?』と思っていたが、その妄想は僅か数日で崩れ去った。絵里香のあまりの気の強さと人使いの荒さに、今では『この世で一番嫌いな女だ』と断言するほどである。彼女と同じく、この秋で執行委員としての任期が切れる。

・相葉絵里香(あいば・えりか)(女性)<Cv.海原エレナ>

 城心学園に通う学生で、現在の学生会長。性格は真面目かつ厳格であり、自分にも周囲にも妥協を許さないタイプ。そのような性格から学生会長に抜擢され、任期の1年間を見事に勤め上げる。彼女に付いた異名は『赤薔薇(あかばら)のジャンヌ・ダルク』。その見事な政治手腕と優れたリーダーシップ、的確な分析力と素早い決断力、そして薔薇の花を連想させる彼女の美しさと気の強さは、後世まで語り継がれることだろう。ちなみに城心学園の学生会会則では、役員の任期は1年生の12月から2年生の11月までの1年間。秋に行われる文化祭が一つの区切りとなっている。

・相葉澄香(あいば・すみか)(女性)<Cv.まきいづみ>

 城心学園に通う学生で、相葉絵里香の妹である。優秀な姉とは違って、慎ましやかで温厚な性格。人当たりの悪いほうではないが、どちらかと言うと一人でいることを好み、積極的に他人と接するようなことはしない。姉のことは尊敬しているが、あまりベタベタすることはないようだ。

◆関連リンク
 ・天使憑きの少女|公式サイト
 
[ 2012/11/30 ] | PSP/PSV | CM(11)
最近ギャルゲーが多いなVITAは   
[ 2012/11/30 22:04 ] [ 編集 ]
ギャルゲだろうとDL専売というのに意味がある
[ 2012/12/01 06:46 ] [ 編集 ]
ギャルゲー以外の方が圧倒的に多いのは無視する米子の手のこという人
[ 2012/12/01 13:42 ] [ 編集 ]
ギャルゲーどころか、これみたいなエロゲーの移植が増えてきてますよね…
こういうのはPSPに止まってくれてれば良いんですけど、なんなんですかねぇ。

SSもギャルゲー以外がかなり出ていたし、STGや格ゲーはPSより出来のいいものがリリースされていたのに、世間的にはギャルゲーハードって印象を持たれちゃったんですよね…(PC-FXほどではないですがw)
多用なソフトが出る事はいい事なんでしょうけど、VITAが軌道に乗っていない現状、こういうソフトが話題になるのはプラットフォームのイメージに悪影響を与えるように思います。
[ 2012/12/01 16:56 ] [ 編集 ]
それPs3の時にも言ってたで

それよりVITAフリーズのほうが、ネガキャンとして、効果あるで
[ 2012/12/01 18:37 ] [ 編集 ]
vita発売前は応援していたのだけど、これと言ったニュースを聞かないので興味を失ってしまった。
3dsが値下げした時は「おいおい」と思ったけど、やはり記憶メディア含めて2万円切る価格で無いと、マニアか相当な好みのタイトルが独占で出ないと手が出ない気がする。
3dsのデュアル画面に魅力を感じないので、vitaがセーブ用の内蔵RAM搭載して2万以下で売ってくれないかなぁと妄想。
[ 2012/12/01 19:12 ] [ 編集 ]
フラッシュROM、ですね。
ソフト一本買えば4G付きで18000円くらいじゃなかったかな?
[ 2012/12/02 17:31 ] [ 編集 ]
そうか、フラッシュROMっていうんですね。

確かにソフトと外付けメモリ購入したら安くしますよ的なチラシを見たりするのですが、誰もがいつでも2万以下ってのが理想です。
あと500MB程度で良いのでセーブ用にフラッシュROMが内蔵されている方がハードのことをよく分からない人にも親切かな?と。
ハードとソフト買えば遊べるっていうファミコンスタイルが理想なんですけど。
ソフト入れ替えが面倒でダウンロード版で揃えたい人とか、VITAで音楽再生や動画再生をやりたい人だけがメモカ買うっていう風にして欲しかったな~。
[ 2012/12/02 19:59 ] [ 編集 ]
うーん。
カートリッジなんだし、カートリッジ内でセーブ出来ない方が不思議だと思う。
[ 2012/12/02 23:54 ] [ 編集 ]
ああ、カートリッジにセーブ出来ればいいのにと俺も思った。
独自規格のメモリーカードといい、その価格設定といい、3G版は契約といい、弾数不足といい、vitaはライト層が手が出しにくいハードになっているから、本体とソフトだけで遊べるってシステムは必要だったと思う。
[ 2012/12/03 07:40 ] [ 編集 ]
>それよりVITAフリーズのほうが、ネガキャンとして、効果あるで
うーん、この心配をネガキャンと受け取られるのを見るに、やはり現状VITAプラットフォームのユーザー層はかなり偏っているんですかね…
当然そういう人たちばかりではないと思いますけど、こういうソフトやギャルゲーを望む人の声の方が大きいように感じます。非常に辛い状況ですね…
その辺SCEのVITA販売の戦略を立てている方たちはどう思ってるんでしょう…

私としては背面タッチや3G回線を生かした革新的な面白いゲームを、ちゃんと出してくれるのをずっと期待しているし、待っているんですよ。
でもいざそれが出て来た時、プラットフォームのイメージがギャルゲーハードとなっていたら売れる物も売れない。そうなるとその革新性は報われないし、後に続くないですよね…
[ 2012/12/04 16:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
▽ コメントに関する注意事項。必ずお読みください。

  • 各種ハードや、そのハード所有者を中傷(蔑称含む)するようなコメントは禁止しています。また、記事とは直接関係のないコメントもお控えください。
  • 上記に該当するものや、他人を見下したり侮辱や嘲笑するもの、煽り目的と思われるもの、「いらない」「クソゲー」など意味のない短い捨て台詞、およびこれらコメントに対するレス(削除後に見た方の混乱を避けるため)などをはじめ、問題があると管理人が判断したコメントは発見しだい削除します。予めご了承の上でコメントをお願いします。
  • 利用者同士による議論・討論を規制するつもりはありませんが、相手を貶めるような言葉を含む場合は削除の対象とします。感情的にならず冷静なやり取りをして頂くよう、心よりお願い申し上げます。
  • 全コメントを逐一チェックするのは難しいので、”煽り文句”の類には決してレスをせずに無視するように、ご協力をお願い致します。また、悪意のない個人的な感想(その判断が難しいのですが…)でも人によっては不愉快に感じられてしまうなどの問題もあるかと思いますが、どうぞ寛大な心で見てください。
  • 不謹慎な発言を含むものや罵詈雑言を並び立てるなどといった、目に余る程の酷いコメントを見つけた場合には、お手数ですが game2talk@gmail.com(@は半角に)までご連絡を頂ければ、確認した上で対処致します。
  • 管理人がコメントする場合には、名前「remoon(管理人)」、ID「ZhlWtTx.」で投稿します。












管理者にだけ表示を許可する

ツイッター
おすすめ
FireShot Pro Screen Capture #044 - 'Amazon_co_jp: 俺の屍を越えてゆけ2 (初回封入特典「レア神様」(男神・女神)プロダクトコード 同梱) 初回限定特典「俺の屍を越えてゆけ スペシャルコミックブック」 付_ ゲーム' - www_amazon_co_jp_o_asin_B00JOYEY64_amarare-22

『俺屍2』初回限定版はこちら







逆アクセスランキング (感謝御礼)
人気ページ ランキング/RSS
アーカイブ
---- Since 2007.5.31 ----
検索フォーム
フリーエリア

ブログパーツ
track feed
▽ 当サイトの掲載内容について
当サイトは、各ゲーム情報の提供を目的に個人で運営しているものです。サイト記載の関連会社とは一切の関係はなく、商品名、会社名などは各社の登録商標です。

▽ 著作権所有者各位
当サイトには著作権所有者様の著作権を侵害したり、経営に損害を与えたりする意図はありません。よって、著作権所有者様より掲載内容の訂正、削除に関して求められた場合は速やかに従うことをお約束致します。

Mail:game2talk◎gmail.com
(◎は@にご変更お願いします。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。